諏内えみプレゼンツ

    コラム&レッスン

    Column&Lesson
  • マナー講師が分析! レディー・ガガに学ぶ、デキる人に見えるお辞儀のコツ

    レディー・ガガ主演「HOUSE OF GUCCI」をさっそく観て… 

    私はガガさんを拝見するとマナー講師として必ず思い起こすことがあります。
    それは彼女の非の打ち所がないパーフェクトなお辞儀の所作。

    2016年秋。レディー・ガガさんがなんと!
    日テレのニュース番組、「NEWS ZERO」に出演されました。
    それも、“キャスター”として!

    キャスターの方と並んでお辞儀をする場面で、私は目を奪われてしまったのです。
    両隣にいる日本人より、圧倒的にお辞儀が美しい!

    「キャスターよりキレイってどういうこと?!」

    など話題になったようで、しっかりトレーニングを受けてきたベテランアナウンサーや、
    アンカーのような貫録さえいたしました。

    そこで、私もマナー講師の立場から、
    ガガさんの『美し過ぎるお辞儀』の理由を分析してみました!

    お辞儀の種類は『会釈』 『敬礼』 『最敬礼』の3つに分けられます。
    角度はそれぞれ、15度、30度、45度となります。

    通常のビジネスシーンでの挨拶では『敬礼』のお辞儀、
    つまり30度のお辞儀が適していますので、15度ではちょっともの足りなく、
    45度では深すぎるというイメージ。
    ですから、レディー・ガガさんのお辞儀の角度はまさにパーフェクト!ということになります。

     尚、ねこ背になってしまっていては“デキる感”は決して表せません。

    誠実感や信頼度をグンとアップさせることができ、
    クライアントや取引先はもちろんのこと、
    プライベートシーンでも「素敵な人」という印象を与えるお辞儀を
    みなさまもぜひ練習してみてください!

    レディー・ガガさんのお辞儀姿をお写真でご覧になりたい方はブログからどうぞ♪
     ↓
    「レディーガガの“美しいお辞儀”を分析」


    マナー講師が分析! レディー・ガガに学ぶ、デキる人に見えるお辞儀のコツ